生産環境科学研究室 教授 池野順一 本文へジャンプ
ご挨拶


----------------------------------------------------
     









<研究室配属を検討している機械工学科3年生諸君へ>

〜ここで伝えたいこと〜
 皆さんとは1年生の時に「技術者倫理(生産原論)」で、3年生の時には「課題探索型セミナーT」、「機械工学実験T・U」でお会いしました。生産環境科学研究室はもともと博士後期課程の研究室として1998年に設置されました。その後改組によって機械工学科に加わり、いまに至っています。そのため、3年生までに研究室で行っている研究について紹介する講義はありません。そのため、「生産環境科学研究室って何を研究しているの?どんな研究室?」と思われている皆さんも多いかと思います。ここでは、そんな疑問にお答えしたいと思います。

〜研究分野〜
 どこの大学も機械工学科では力学系の研究室が多くあります。それらの研究室では、まずモデルを構築し運動方程式を立て、次にシミュレーションで結果を予測し、実験で検証して行く研究スタイルを取っています。
 それとは異なる分野で研究スタイルも大きく異なります。我々の研究室では精密・微細加工法の研究をしています。加工系の研究は様々な分野と融合して学際領域を形成しており、実験を主体に新たな発見とそれを基にした発明をしていく分野です。研究室では日々「自然ってすごい!」という”発見”に感動し、「できた!」という”発明の喜び”を学生諸君は噛みしめています。充実した研究生活の中で大きく自分を成長させることができると思います。

〜卒論のための基礎学習サポートプログラム〜
 どこの研究室でも諸君らを立派に社会に送り出す責務があります。生産環境科学研究室でも教育研究には、情熱を持って全力で当たっています。4年生前期には、「マイクロナノ加工学」で加工学の基礎とその周辺技術を実践を交えて学びます。これまで加工を知らない学生でも安心して卒業研究に取り組む準備ができます。いつでも自分のアイデアや疑問を実証、解明できるスキルを身につけていきます。

〜主な研究室行事〜
  • 研究推進会議(研究打合せ):毎週、グループ毎に行います。研究は大学院生と卒研生がペアになって行います。一週間を通して行った実験や文献調査を基に成果の確認と次週での課題を明確にしていきます。
  • 研究室ゼミ(専門分野の勉強会):他研究者の論文を読み解き、自らの研究に役立てる試みをしていきます。順番制で一人が2回/期〜3回/期の文献紹介を行います。
  • 研究成果展示会:ビッグサイトや幕張メッセで開催される展示会で研究成果を展示します。展示会では専門外の技術者や研究者も多く、幅広い分野の人々と自由闊達な議論ができます。また他の展示ブースを訪れることで産業技術の最先端を知ることができます。学生にとっては社会との接点であり、自分たちの研究が思いも寄らない方向に発展したり、企業との共同研究がまとまるなど学会では得られない貴重な勉強の機会になっています。
  • 学会発表:9月と3月には国内学会で研究成果発表を行います。学術的な議論を楽しみながら互いに高め合う貴重な機会になっています。学会は地方で開催されることも多く、発表後にはリラックスした雰囲気でその土地の美味しい料理やお酒を楽しみ、旅気分を満喫しています。参加にかかる学生の費用は全て研究室が負担します。その他にも国際会議など参加したい学生があれば、積極的に参加できるよう配慮しています。
  • 修士修了までに学術論文を学会に投稿したい学生には論文指導も行います。学会で論文賞を受賞して、奨学金免除になった学生もいました。
  • 歓送迎会や暑気払いなど節目で研究室の飲み会を企画しています。一泊で研修旅行を企画することもあります。ただし、参加は自由です。楽しみたい人が集まってワイワイやっています。いつもほぼ全員が積極的に参加してくれています。

〜研究室ライフ〜
  • コアタイム:研究室ではコアタイム(10時〜5時)をあえて設けています。第1目的は大学の施設が機能している間に、効率よく研究/学習を遂行するためです。第2目的は諸君らの自由時間を確保するためです。コアタイム外はサークルやアルバイト,デートに行くのも良し。研究室は諸君らに対して一切干渉しません。メリハリのある、充実した研究室ライフを楽しんで下さい。
  • 大学院入試のための準備:大学院を受験する学生には、受験日より一ヶ月前から受験勉強に集中してもらいます。これは専門基礎知識をあらためて確認する貴重な時間です。研究室としても全面的にサポートしたいと思います。大学院生も助言をしてくれます。
  • 就職活動:就職する学生は、不安を一人で抱えず、研究室の仲間と相談しながら自分の進むべき方向を模索しています。加工の分野で就職を希望する学生には、教員も相談に乗ります。諸君らが望む方向に進めるようみんなで考えていきましょう。
  • 最後に、研究室ライフで重要なのは研究室の雰囲気です。学生居室の雰囲気はいつも賑やかで和気藹々としています。面倒見の良い先輩も多く、フットサルやバーベキューなど学生間で楽しんでいます。

                                TOPへ戻る
 研究室ツアー  → 
 2021年研究室紹介ポスター(学生制作による) → Poster2021
      













<OBの皆様へ>
 生産環境科学研究室を卒業し、社会で活躍されているOBの皆さんには、時々大学に出向いていただき、現役生に会社のことなど助言していただけると幸いです。
 大学院の授業では、OBに講演をお願いすることもあります。これまで企業での活躍ぶりを披露頂いたOBには感謝申し上げます。講演の度に誇らしく、現役生も刺激を貰っています。ノーベル賞を受賞されたOBも理学部にはいらっしゃいます。益々埼玉大学が社会に果たす役割は大きくなってきています。
 研究室では定期的に懇親会を行っています。そちらにも是非参加していただき、世代を超えた交流をして頂ければと思います。行事案内はHPで公開しています。
 研究室では生産環境科学研究室設置20年を記念したネクタイ止を制作しました。出張のついでに立ち寄ってくれるOBには一つ進呈します。

TOPへ戻る

OB関連情報

 
             OBによる特別講義

         
       生産環境科学研究室 設置20周年記念品
      (青部:ガラス七宝仕上、文字・絵部:金メッキ)
















<産業界の皆様へ>
 精密・微細加工法の新開発および加工現象の解明を主な研究テーマとしています。生産技術開発に欠かせない創造性豊かな人材育成を行っています。
 具体的な研究テーマは、HPに記載したとおりですが、精密・微細加工のうちレーザ加工、砥粒加工を主な研究分野としています。実験による現象観察、実証ができるように施設と装置の整備に努めています。
 社会のニーズを取り入れた実践的なテーマも重要だと考えています。何割かのテーマは大学と企業の共同研究とし、企業のお力添えを頂きながら次世代の人材育成を行っています。
 また、共同研究テーマは、企業若手の研究力養成教育にも活用いただけます。博士号取得を目指す若手には、論文執筆指導も行います。論文掲載や論文賞受賞の経験は研究に対するモチベーションアップに繋がります。産学連携に対するご理解とご協力を賜れれば幸いです。

TOPへ戻る


  
















   ©SPE Saitama University.